2013年07月21日

未来に開かれた大きな窓が露天を超える【めおと岩温泉 ラクヨウ】

【2013年7月6日】

いかん、ここで私がしっかりしなくては!
と自分に言い聞かせないといけない状況があり、仕方が無いのでとりあえず温泉に向かった。
これだ!

KIMG1635.JPG

KIMG1636.JPG

白山市が世に問う、めおと岩温泉ラクヨウ!

お湯は無色透明、多分循環(かけ流し併用?)だが、消毒臭はほぼ気にならない。
何よりも、高い天井と全面のガラス張りのおかげで、湯船の広さ以上に解放感を味わえた。
そして、普通なかなかできないのだが、大きなガラスの窓を勝手に全開にできたこと!

内湯のみだが露天状態を味わえた、実に良い湯であった、余は満足である。

…ところでめおと岩ってどこにあるのだろう?

温泉めおと岩温泉 ラクヨウ



にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村
posted by 風盗人 at 16:30| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 【石川】白山の湯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月20日

鱒鮨とエレキなバラエティ温泉【下田温泉】

【2013年6月30日】

小川温泉に1時間近く浸かって疲れたのでおとなしく帰ろうと思っていたのだが、故郷魚津の港沿いを走ってたら、こんな素敵な温泉を見つけてしまった。

KIMG1607.JPG

KIMG1610.JPG

魚津市が世に問う、伊豆もびっくりの下田温泉!

KIMG1608.JPG

入口には『じゃんとこい祭り』のポスターが煌めく。

一見普通の銭湯、実際普通の鉱泉銭湯なのだが、メイン湯船に露天、ジャグジー、バイブラ、水、電気、サウナと至れり尽くせり。
露天風呂の隣は池で、生きた亀と鯉とのニア混浴状態ですこぶる素敵!

さらに、懲りずに苦手な電気風呂に命がけでチャレンジしたところ、入れた!
これは痛気持ち良さが癖になりそうだ。
電気風呂の刺激ってば、湯温の暑さや岩風呂で足をぶつける刺激とは一味違い、体内から締め付けられるような不可解極まりないものだ。
しかし、この年でようやく外からのシビレだけでなく、内部からのシビレにも耐えられる…てゆ〜か、快感を感じられる大人になったのだ。

これでまた一つシビレる男、仮面ライダーストロンガーに近づけた。
近々、イナズマンにもチャレンジしたい。

奥が深くてシビレル、下田温泉!
実に良い湯であった、余は満足である。

KIMG1609.JPG

最初はサウナの愛称が「鱒鮨」なのかと思って、どんなサウナやねん!とつっこみたかったが、サウナもある温泉銭湯な上に、実は鱒鮨が人気のグルメスポットでもあるらしい。

温泉下田温泉

あと、魚津道の駅「蜃気楼」で、富山が誇るケロリンのボディタオル買ったよ!

KIMG1624.JPG

これでお風呂ライフ充実間違い無し!
(桶は高くて買えなかった…)



にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村
posted by 風盗人 at 23:04| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 富山の湯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

時を超えた悠久の混浴洞窟かけ流し【小川温泉元湯】

【2013年6月30日】

異様に天気の良い6月最終日、富山県は朝日町が世に問う小川温泉元湯の天然洞窟野天風呂に行った。
あの小川直也も、小川良成も、小川ローザも、竹久夢二も入ったという小川温泉だ!(竹久夢二以外全部ウソ。)

ホテルおがわに単車を置き、500円を払う。
立ち寄り客にも丁寧な対応のホテルマンに感激!

さっそく遊歩道を数百メートル歩いた先の風呂に向かう。



KIMG1580.JPG

おぉ、あの橋を渡れば混浴露天はすぐそこだ!

KIMG1581.JPG

案内板に胸が高鳴る。

KIMG1582.JPG

もうチョイ!

KIMG1583.JPG

地蔵も風呂入りたかろうのぉ…

じゃじゃ〜ん、お父さんの憧れ、混浴に到着!

KIMG1600.JPG

KIMG1589.JPG

ちらっと見ると…幸か不幸か女性はまるでいない。

KIMG1584.JPG

…なるほど、賢い女性は女性専用野天に行きなさるか。
…てゆーか、この日、女性どころか誰もいない。
それでは、一人天然洞窟野天混浴を堪能しよう。

KIMG1590.JPG

いいね!

KIMG1593.JPG

超いいね!!

KIMG1596.JPG

実にいいね!!!

KIMG1598.JPG

…さすが天然洞窟野天、一人きりかと思ったら恐怖の百足さんがご一緒に混浴。
この後、天然な百足さんは百もある足を滑らせ、湯船に身投げ。
必死にもがいておられたが…多分成仏されたと思われる。

実は、この小川温泉露天風呂、今から数十年前、まだ私がホーガン(イチバ〜ン!)の…もとい、厚顔の…もとい、睾…もといもとい、紅顔の美少年だった時代に兄妹で入ったことがあるのだ。
残念ながら記憶はほぼ無いが、実家の押入れにはその時の写真が残っている。
このブログを立ち上げてからはもちろん、それ以前にも幾つもの温泉や銭湯に入ってきたが、数十年を超えての湯との再会は初めてだ。

時の流れをかけ流す感動ひとしおの良い湯であった、余は満足である。

さて、大満足の一人混浴野天で汗を流したら、塩分補給だ。
「くろべぇ」の『もう一つの醤油ラーメンくろべぇ』だ!

KIMG1605.JPG

大丈夫か、私の血圧!?

温泉小川温泉元湯



にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村
posted by 風盗人 at 22:51| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 富山の湯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。