2013年12月23日

ローマの王様と一緒に入りたい風格【山中温泉総湯 菊の湯】

【2013年9月22日】

この日、日帰りツーリングで最初に辿り着いたのが、山中温泉総湯「菊の湯」。
前に山中温泉に来た時は駐車場が満車という悲しい理由で入れず、湯けむり温泉村ゆ〜ゆ〜館でお茶を濁した。
あそこも素晴らしかったのだが、やはり菊の湯は外せない。
今回は単車だったので無事訪湯。

足湯も情緒たっぷりだ。

KIMG0294.JPG

いちいち素敵だ。

KIMG0295.JPG

神様もいるぞ!

KIMG0292.JPG

おお…

KIMG0290.JPG

KIMG0296.JPG

期待できる、期待できるぞ、菊の湯!

新しいのにまるで明治か大正時代を彷彿とさせる、混み合った脱衣場を後に、早速入った総湯は…

ここはローマか?!テルマエロマエ!!??

中央にででんとかまえるメイン湯船は唯一にして孤高の気高さ!
深さ、広さ、熱さ、その全てが王者の貫録!

KIMG0291.JPG

本当はこっちに入りたいが、許されざる風呂。


KIMG0293.JPG

温泉玉子は激旨だが、うっかり殻の一部を一緒に食べてしまった。
玉子の殻を噛む時の嫌な感じは強烈で夢に出そうだ。

片山津、粟津、山代とどれも独自の魅力ある総湯だったが、最後の大物(ラスボス)、山中温泉をついに制す!
もうどうしようもなく良い湯であった、余は大満足である。

温泉山中温泉総湯 菊の湯

山中温泉は、「ゆかたべー」という、うまい棒の新製品みたいな名前の美少女が、客が総湯を上がるまで服や貴重品を預かって待ち伏せしてくれるという文化的システムが(かつて)あり、そういう意味でも実に趣深い。
いつの日か、ゆかたべーとお風呂に入りたい今日この頃。



にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村
posted by 風盗人 at 20:59| 石川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 【石川】加賀の湯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

心休まる安産の湯【美川温泉 安産の湯】

【2013年9月16日】
台風18号が日本全土を席巻した後の台風一過青空の中、温泉銭湯訪湯。
2008年に廃業した「美川インターホテル 浜の湯」を地元の御料理店主が復活させたのが、この「安産(やすまる)の湯」。(HPより)

KIMG0281.JPG

ビジネスホテル(?)の浴場らしいこじんまりした脱衣場に、小さめの三つの内湯+サウナ・水風呂。

しかし、その小さき湯船には溢れかえるほどのコーヒー色の源泉が!
やや熱めの湯に首までつかれば、台風も吹き飛ぶゆったり感。

狭いながらも地元の人気がよくわかる良い湯であった、余は満足である。

温泉美川温泉安産の湯

かけ流しの安産の湯、今さら妊娠することもない…てゆーか、生まれてこのかた妊娠する心配はないので、思う存分たっぷり長湯!




にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村
posted by 風盗人 at 13:03| 石川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 【石川】白山の湯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月18日

温泉か?…その魂の記憶、私が受け取った!【双葉湯(双葉温泉)】

【2013年9月15日】

天気ももう一つの三連休の中日。
この日は、近場の湯で済まそうと、双葉湯へ出かけた。

KIMG0262.JPG

KIMG0265.JPG

KIMG0263.JPG

昔ながらの建物…ふと見上げると煙突に『双葉温泉』の文字が燦然と輝いている!

KIMG0264.JPG

温泉銭湯とは聞いてないし、煙突以外の看板は全て「双葉湯」表記で統一されている。

420円払って入ってみると、普通に趣き溢れる銭湯だ。
ただ、普通以上にきれいな銭湯だ。
おまけに驚くことに、露天風呂がある!
さらにさらに驚くことに、露天風呂は一人しか入れない、言わばプライベート露天だ!
もっとさらに輪をかけて驚くことに、露天に入るには打たせ湯を通り抜けないと辿り着けない!
インディジョーンズもびっくりだ!!!

…奇妙なところばかり強調したが、実はきれいな湯に心まで洗われて、涙ちょちょ切れた私だ。
新鮮なお湯を惜しげもなく使っている、実に上等な湯であった、余は満足である。

温泉双葉湯

双葉「温泉」の名称は、多分世の中がおおらかだった時代につけられたのだろうと思うが、今となってはその時代、人々、そして湯の記憶を刻んだ金字塔だ。

KIMG0266.JPG

湯上がりには煙突に敬礼した私だった。



にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村
posted by 風盗人 at 01:28| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 【石川】金沢の湯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。