2013年12月04日

雨の露天風呂で炭酸風呂に群がるオヤジ(私も)【氷見温泉郷総湯】

【2013年9月7日】

海王のどうしようもなく強力な湯でとっぷり疲れをとり疲れ果てた筈なのに、ついついふらふらと海岸沿いを走ってしまい、ついつい温泉の罠に落ちる(好んで)。

氷見温泉郷総湯。

KIMG0239.JPG

KIMG0235.JPG

ロビーに掲示された寒鰤や立山連峰のパネルを眺めつつ、湯に想いを馳せる。

KIMG0236.JPG

KIMG0237.JPG

こちら平成24年にできた“きれいな総湯”にもかかわらず…源泉かけ流し!
おまけに『湯あたりするから長湯はおよし』との自信に満ちた注意書き!

そこまで言うならどれくらいあたるかやってやろうじゃねぇか!(←あたり屋)

…塩化物強温泉、こりゃあたりそうだ。

大勢の客に囲まれながらあたる直前まで内湯を十分味わったあと、雨の中突撃した露天風呂は、天気のせいもあり眺望は今一つ。
しかし、悪天候のおかげで天然温泉湯船はガラガラ、久々に必殺の「寝湯転がり」を実行できて嬉し恥ずかしクソオヤジな私。

露天のもう一つの湯船は、あえて温泉ではなく、ドイツ人もびっくりの噂の大人気強力炭酸風呂。
注意書きに「温めのお湯に15分ほど浸かるとグッドよ〜ん」なんて書いてあるものだから、もったいない魂満載の日本人はみんな律儀に長湯しなさり、なかなか入る隙間が無い。
ようやく1人分のスペースを確保した私も、しっかり15分もったいなくない炭酸泉浴を堪能した。

料金は600円とやや高めだが、この日二湯目にもかかわらず時間をかけてたっぷり味わえた充実の湯であった、余は満足である。

温泉氷見温泉郷総湯

富山とくれば藤子不二雄、ひみぼうず発見!

KIMG0240.JPG



にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村
posted by 風盗人 at 01:30| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 富山の湯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。