2014年02月02日

素晴らしきかけ流しと妖怪ブルブルの闘争【大白川温泉 しらみずの湯】

【2013年11月16日】

この日、久々に単車を引っ張り出して日帰りツーリングに出た。
11月なので実に寒い。

…と寒いのに加え妙に頭痛がしてくる。
いや、頭痛のみならず、何やら背中や節々も痛い。
震えも出てきた。

これって妖怪ぶるぶる?

…なるほど、妙に寒かったのは(実際、十分寒いんだが)、妖怪ぶるぶるのせいだったのだ!

本当は荘川くらいまで走るつもりだったけど、妖怪を早々に退治しないと大変なことになる。
そこで、白川郷道の駅で入手した割引券を握りしめ、次の道の駅飛騨白川にある「大白川温泉 しらみずの湯」に向かう。

KIMG2250.JPG

温泉で温まることで、体内に侵入したぶるぶるを追い出す作戦である。

KIMG2246.JPG

KIMG2247.JPG

うおおおぉ、かけ流し!

内湯は三つ、温めのメイン湯船と、やや熱めの檜風呂、ジェットが激しすぎて寝てられない寝湯。
そして広めの露天が一つ。

無色透明無味無臭の湯ではあるが、どの湯船も盛大にかけ流したれ流しでどばどばオーバー風呂〜。

十二分に温まった私は、妖怪ぶるぶるを追い出すことに成功!
…したかに見えた。

風呂上りに、うっかりホワイトチョコオ・レを飲んでしまったが、伝説の飛騨牛乳があることに気付き、これまた購入。

KIMG2249.JPG

KIMG2251.JPG

温まって水分たっぷりとった私は、ついつい休憩室でごろ寝してしまった。

…30分くらいうたた寝しただろうか。
身体の痛みで目が覚める。

おかしい。
ぶるぶるは追い出した筈だ。

もしかして、これは妖怪の仕業ではなく…風邪?
…そうか。
となると、せっかくの温泉もむしろ逆効果か?

まあ、入ってしまったものは仕方ない。
入ってる間、風邪のことなどきれいに忘れられる素晴らしき良い湯であった、余は大満足である。

温泉大白川温泉 しらみずの湯

ちなみに、廣貫堂の葛根湯飲んで寝たので、翌朝には若さで(?)元気はつらつ!




にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村
posted by 風盗人 at 17:57| 石川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 岐阜の湯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/386794116
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。