2013年04月20日

湯あたり上等!ダブルでどうだ!?【辰口温泉 総湯 里山の湯/辰口総合福祉会館 ふるさと温泉】

【2013年3月30日】
どうかしたようにどうかしていた平成24年度が終わりを迎えた3月末、ほんのちょこっとだけ遠出して、能美市の辰口温泉を目指した。

思えばこの1年色々なことがあり、正直疲れ果てた。
今日は辰口温泉で平成24年度の疲れを洗い流そうと勇んで出かけたのだ。

KIMG1008.JPG

…ん?何かWebで見たのと違うが、いいか!と、入浴券売機に向かうと『200円』と書いてある。

なんか安くね?

安いことはいいことである。
…であるが、方向音痴の私はもしかしてとんでもなく違う温泉に来てたりしないだろうか??

不安にかられ、受付のお姉さんに尋ねる。
「ここは辰口温泉ですよね?」
「はい」
「里山の湯…ですよね?」
「違いますよ。」

こいつぁ失礼いたしましたっ!

…そして、脱ぎかけたパンツを持ちあげ、一目散に100m先の里山の湯に飛びこむ。

KIMG1011.JPG

こ、ここが源泉か!
よ〜し…と、ここに飛び込むわけにはいかないので、ちゃんと料金500円払って入る。

KIMG1009.JPG

綺麗な浴場、澄んだお湯…大勢の人。
やはり新しい温泉は人気があるようで。
客層は、地元の銭湯感覚が半分、家族でちょい観光が半分。

露天風呂は石造りのなかなか研ぎ澄まされた良い感じ(ただし狭い)。
聞くと、女風呂は檜の露天風呂らしく、日によって交替するみたいだ。
よし、次は檜を狙おう。
…概ね、タイミングを外して、石風呂三連発とかになるのが私の運命なのだが。

しっかり温かくなって、ふと考えた。
最初に間違えて入ろうとした、里山の湯から100mも離れていないふるさと温泉。
しかも200円。
驚くなかれ、里山の湯の半額以下だ。

これは、たとえ茹でダコになろうとも入ってくべきだ。
入らずに後悔より入って後悔!

ふるさと温泉は、辰口総合福祉会館にあり、完全に地元のお年寄りの温泉銭湯感覚。
しかも銭湯より安い。

しかしお風呂は、銭湯どころか、里山の湯を凌駕する綺麗さ加減!
綺麗過ぎて塩素臭がしそうだったが、お年寄りが大量に入ってらっしゃって、お年寄臭の方が強烈!
…というと何だか臭うみたいだが、さにあらず。

地元情緒満載の200円はとってもお得であった。

いやはや、どちらも良い湯であった、余は満足である。

満足すぎて湯あたり爺と化した3月末の夕方。

温泉辰口温泉 総湯 里山の湯

温泉辰口温泉 辰口総合福祉会館ふるさと温泉



にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村


posted by 風盗人 at 09:35| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 【石川】能美の湯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。