2013年05月21日

外道を天に昇らせる理想郷【セントピアあわら総湯】

【2013年4月14日】
野暮用で大阪まで一泊二日の旅に出た。
それも、愛車(軽自動車)で高速道路使わない無謀な旅だ。
下道をひたすら走る660CC…下道は読み間違えると「げどう」である。

旅の詳細は温泉とは関係ないので端折るが、この無謀外道旅の行きつく先で淀川区の温泉かどうかよくわからない、その名も「新木川温泉」に入る計画だったが、外道すぎて時間が無くなり断念無念した。

帰りもひたすら外道…もとい、下道走行だったせいで福井県通過中に外道…もとい、下道疲れもピークに達し、身体が心が「いい湯」を求めてどうにもならなくなった。

福井と言えば芦原温泉、芦原温泉と言えばセントピアあわら!
よし、セントピア行くぞ!

KIMG1077.JPG

到着セントピア!
華やいだ歴史と辛い歴史を併せ持つ芦原温泉、その歴史を踏みしめながら一歩ずつ湯船に向かう胸の高鳴り。

KIMG1078.JPG

KIMG1079.JPG

おまけに日頃の行いが良すぎる私、天の恵みか大地の怒りか、この日は通常500円のところ一周年記念料金で400円也!
総湯には天の湯と地の湯があり、週替わりで男女入れ替わり。
そしてこの日の殿湯は…天の湯。

いざ、入湯!
大勢の客、しかしその美しく広い浴場は、ストレスを全く感じさせない解放感。
若干の塩素臭は美しさのおまじないと割り切り、長きにわたる外道…もとい、下道運転の疲れをほぐすほぐす。

内湯や洗い場もさることながら、新宿のオペラシティを彷彿とさせる露天風呂の素敵なこと!
銭湯+ユートピア(湯〜とぴあ?)=セントピアの極上の湯船は外道を解脱昇天させるに十分であった。

KIMG1080.JPG

こりゃ全くいい湯であった、余は満足である。

次は地獄の旅から地の湯を目指したい。
そのためにも公式ページをしっかり確認して、地の湯が殿の湯の日を選ばないとね。


温泉芦原温泉総湯 セントピアあわら




にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村
posted by 風盗人 at 01:11| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 福井の湯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。