2013年12月23日

ローマの王様と一緒に入りたい風格【山中温泉総湯 菊の湯】

【2013年9月22日】

この日、日帰りツーリングで最初に辿り着いたのが、山中温泉総湯「菊の湯」。
前に山中温泉に来た時は駐車場が満車という悲しい理由で入れず、湯けむり温泉村ゆ〜ゆ〜館でお茶を濁した。
あそこも素晴らしかったのだが、やはり菊の湯は外せない。
今回は単車だったので無事訪湯。

足湯も情緒たっぷりだ。

KIMG0294.JPG

いちいち素敵だ。

KIMG0295.JPG

神様もいるぞ!

KIMG0292.JPG

おお…

KIMG0290.JPG

KIMG0296.JPG

期待できる、期待できるぞ、菊の湯!

新しいのにまるで明治か大正時代を彷彿とさせる、混み合った脱衣場を後に、早速入った総湯は…

ここはローマか?!テルマエロマエ!!??

中央にででんとかまえるメイン湯船は唯一にして孤高の気高さ!
深さ、広さ、熱さ、その全てが王者の貫録!

KIMG0291.JPG

本当はこっちに入りたいが、許されざる風呂。


KIMG0293.JPG

温泉玉子は激旨だが、うっかり殻の一部を一緒に食べてしまった。
玉子の殻を噛む時の嫌な感じは強烈で夢に出そうだ。

片山津、粟津、山代とどれも独自の魅力ある総湯だったが、最後の大物(ラスボス)、山中温泉をついに制す!
もうどうしようもなく良い湯であった、余は大満足である。

温泉山中温泉総湯 菊の湯

山中温泉は、「ゆかたべー」という、うまい棒の新製品みたいな名前の美少女が、客が総湯を上がるまで服や貴重品を預かって待ち伏せしてくれるという文化的システムが(かつて)あり、そういう意味でも実に趣深い。
いつの日か、ゆかたべーとお風呂に入りたい今日この頃。



にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村
posted by 風盗人 at 20:59| 石川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 【石川】加賀の湯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月06日

山中節を聴きながら【道の駅・山中温泉ゆけむり健康村ゆーゆー館】

【2013年6月9日】

加賀温泉郷シリーズ、第4弾ラストコンプリート、山中温泉!

KIMG1388.JPG

途中、こんな看板に出逢い、ワクワク感たっぷりで天下にその名をとどろかす山中温泉総湯「菊の湯」に辿り着いたら…駐車場がいっぱいいっぱい!

…一旦昼食に避難することにした。

つーこって、昼食は山中温泉道の駅で「菊の湯温泉玉子蕎麦」だ!

KIMG1391.JPG

KIMG1389.JPG

美味しかったぞ(…温泉玉子がね)!

ふと周囲を見渡すとこの道の駅、立ち寄り湯がある。
総湯(菊の湯)に戻らずとも、ここでいいか?
…温泉玉子も食べたし。

いで湯…もとい、出でよ、ゆーゆー館!

KIMG1390.JPG

湯けむり健康村ということで、フィットネスクラブなんかも併設された現代的施設。
少々名前に不安を覚えつつ、500円払って入ってみたら…これが極上!

きれいな内湯は勿論だが、最高の天気の中で山中節を聴きながらどっぷり浸かれる露天が最高!
思わず足でろの字を書いてしまったアタシ!

さすが1300年の歴史を誇る天下の山中温泉でゆーゆー館というほど良く力の抜けた名を名乗るだけのことはある。

風呂上りには道の駅に展示してあった今は無き温泉電車を見学。

KIMG1392.JPG

KIMG1396.JPG

KIMG1393.JPG

ついでに運転。

KIMG1398.JPG

想い出におわんさんと記念写真。

KIMG1400.JPG

加賀温泉ラストを締めくくった山中温泉はゆーゆー館、実に良い湯であった、余は満足である。


…だがしかし、必ず菊の湯にも入って見せるぞ、アタシ!


温泉道の駅・山中温泉ゆけむり健康村ゆーゆー館



にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村
posted by 風盗人 at 23:57| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 【石川】加賀の湯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月28日

過去と現在と未来が煌くステンドグラス【山代温泉 総湯・古総湯】

【2013年6月2日】
加賀温泉郷シリーズ第2弾として、憧れの山代温泉に行った。

開湯1300年の加賀が誇る山代温泉。
その共同浴場は石川ならではの「総湯」と言う名で呼ばれ、2009年にリニューアルオープンした。

KIMG1335.JPG

これがその総湯だ!

KIMG1334.JPG

入口からしてとっても山代だ!

…その前に試しに無料の源泉足湯に入る。

KIMG1337.JPG

KIMG1340.JPG

熱っ!
さすが山代!
(熱いのは山代温泉に限ったことではないが。)

KIMG1341.JPG

KIMG1342.JPG

…美しき足は、before足湯とafter足湯では色が変わった。

KIMG1355.JPG

足湯の横にあった源泉の施設だ(と思う…)

さて、総湯に入ると…加水無き美しき源泉に魅せられた大勢の人でとても写真など撮れない。
それほど噂通りの湯だったと伝えておこう。

さて、実は山代には総湯=新総湯に加え、2010年に作られた古総湯があるのだ。
明治時代の共同浴場を再現した体験型温泉博物館、古総湯は…
これだ!

KIMG1338.JPG

90度ずれて見るとこうだ!

KIMG1339.JPG

中に入ると、明治時代の成分表と入浴心得がお出迎え。

KIMG1343.JPG

KIMG1344.JPG

…心洗われる思いだ。

ステンドグラスが素敵過ぎる源泉の湯船には誰もいなくて、撮影成功。

KIMG1345.JPG

カランも無く、石鹸シャンプー使用禁止の古総湯の潔さは、山代温泉を見つけた三本脚の霊鳥、八咫烏も唾を飲むほどである。
もちろん、日本サッカー協会も山代温泉に足を向けては寝られない。

ちなみにこれが山代の現代の八咫烏「スパクロくん」である。

KIMG1354.JPG

古総湯の2階にはこれまた正しき明治の休憩所がある。

KIMG1347.JPG

ステンドグラスの彩りと吹きぬける風に、一足早い夏の陽気も吹き飛ぶ。

あまりの気持ち良さに、名物(?)温泉玉子ソフトをいただく!

KIMG1349.JPG

ソフトクリームに温泉玉子と醤油をあしらった…と聞くとゲテモノにしか思えないが、食べると超旨い!
みんなも食いなされ!

いやはや、過去と現在と美味と八咫烏を同時に体験できる素晴らしき良き湯であった、余は満足である。

満足が度を越し、祭にも参加してみた!

菖蒲祭りだ全員集合.jpg

どうだ〜!

温泉山代温泉 総湯・古総湯



にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村
posted by 風盗人 at 00:37| 石川 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 【石川】加賀の湯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。