2014年01月14日

尼さんに手を出すと火傷する【小野川温泉 尼湯】

【2013年10月13日】

小町の湯の風呂上りに温泉街をうろちょろしてたら、何だか気さくな別のこまっちゃんに出逢い…

KIMG2026.JPG

ふと横を見ると、『尼湯』の文字が!

KIMG2025.JPG

温泉街の共同浴場であると同時に尼さんと一緒にお風呂に入れるというのはここか!?(違います)

尼湯の向かいの商店で200円の券買って、早速入湯。

KIMG2023.JPG

内湯にもかかわらず浴場と仕切りの無い脱衣場はとても新鮮!

KIMG2022.JPG

こじんまりとしたシンプルな浴場が実に尼っぽい!(意味不明)
湯船は一つ、熱き源泉かけ流し!
こまっちゃんはここで病を治し、さらに美人になったらしい。
伊達政宗もこの尼湯で傷を癒したらしい。(以上、推測)

歴史に彩られた熱き、実に良い湯であった、余は満足である。

温泉小野川温泉 尼湯

KIMG2024.JPG

源泉を何も考えずにちょいと触ったら…火傷した。
女は怖いということか?(劇的に意味不明)



にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村
posted by 風盗人 at 00:23| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 山形の湯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

熱き露天でおののこまっちゃんとの再会【小野川温泉 小町の湯】

【2013年10月13日】
白布温泉からひとっ走り、久々に小野小町(私の中ではこまっちゃん)との再会を目論んで小野川温泉へ!

KIMG2019.JPG

…あいかわらず美人だね、こまっちゃん。

KIMG2018.JPG

KIMG2017.JPG

そして200円で(心の中で)こまっちゃんと一緒にお風呂に入れる「小町の湯」。

KIMG2013.JPG

KIMG2016.JPG

疑似ではない完全に露天の開放的な湯、洗い場もなく、岩風呂作りの湯船が一つと言う、これぞ露天風呂の真髄!

KIMG2015.JPG

小野川温泉の湯はとても熱いのだが、この季節なら多少湯温も下がり、虻もいないのでゆっくりのんびりできる。
一人きりで青空の元、こまっちゃんと(心の)混浴、実に良い湯であった、余は満足である。

温泉小野川温泉 小町の湯

KIMG2020.JPG

拡大〜こまったちゃん…もとい、こまっちゃんもえ〜〜



にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村
posted by 風盗人 at 00:06| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 山形の湯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月13日

この世の最後の風呂はどこが良いかと訊かれたらここかもしれない【白布温泉 西屋】

【2013年10月13日】

裏磐梯へツーリングに出かけた私は、ちょいと足を伸ばし、あの名湯を訪れた。
米沢は白布温泉、西屋!

KIMG2011.JPG

KIMG2012.JPG

このたたずまい!

KIMG2010.JPG

輝く秘湯を守る会提灯!

KIMG2000.JPG

早速入湯!

KIMG2008.JPG

KIMG2004.JPG

KIMG2007.JPG

KIMG2006.JPG

かけ流しという言葉がどうでもよくなるくらいの豪快なうたせ湯かけ流しと、歴史を感じさせる湯小屋のあちこち!

何も語るべき言葉が無いくらいの良い湯であった、余は大満足である。

温泉白布温泉 西屋

これを体験することなく人生を終える人がこの世に大勢いると思うと、涙が止まらないよ、あたしゃ!



にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村
posted by 風盗人 at 23:29| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 山形の湯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。